原因を探る

運用していたサーバやNAS、hdd認識しないといった場合に頼れるのがデータ復旧会社のサービスとなります。
そのサービス内容はhddやssdのデータ復旧、NASやRAIDのデータ復旧があります。
またメディア全般のデータ復旧も行っており、フラッシュメモリやSDカードなども対応できます。
さらにhddの換装サービスも行っていることが多く、hddからssdへの換装も頼めるためパソコンのスペックアップも実現できます。
hdd認識しないといったトラブルで預けられたストレージやメディアは、専用のラボで検査を受けて、そこで障害の状態を特定されます。
その障害報告で復旧できると予想されるデータを顧客に伝えて、顧客はその情報を元に復旧依頼を出来る仕組みです。

大切なデータは、システム会社などのデータバックアップサービスによって、サーバ上に保存してもらう事ができます。
契約したユーザーはいつでも好きな時間にバックアップをオンライン上から行うことができ、また好きな時にそのデータを利用できます。
hdd認識しない場合に利用する、データ復旧サービスとの類似性としてはどちらも大切な顧客のデータを預かることにあります。
しかし相違点としてそのデータを復旧させるか、保全するかの違いがあり、ユーザーにとっては障害が起こる前か後かの利用タイミングの違いとなります。
そのためhdd認識しない時に頼れるデータ復旧と、データバックアップはそれぞれ目的が違います。
しかしサービス自体はデータ復旧会社やシステム会社がどちらも扱っていることが多くなります。

hdd認識しないなどのトラブルは専門家に相談

Copyright(c) 2015 hdd認識しないなどのトラブルは専門家に相談 . All Rights Reserved.